天明3年7月、浅間山が大噴火を起こし、鎌原村は火砕流にのまれて、500人近くの村人が亡くなりました
23.七月一日
2007年11月29日(木) 11:31
23.七月一日




 いよいよ、舞台作りが始まった。大工の八右衛門と桶屋(オケヤ)の利右衛門を中心に、手のあいている若衆組(ワケーシグミ)の者が手伝い、朝から作業が始まった。

 一幕物ではないので、舞台上の場面は幕の合間に次々に変わる。それを手際よくやらなければならないので、大道具を担当する者たちは大変だった。三幕目の最初の場面は船問屋の渡海屋、次が大物浦(ダイモツウラ)。四幕目は下市村の茶屋と上市村の松林の場面に分かれている。今日は渡海屋の場面を作り、夜になって、実際に演技をしてみて具合の悪い所を直す予定。舞台上の大道具だけでなく、舞台の左横にある若衆小屋から舞台に向かって花道も作らなければならないし、若衆小屋を桟敷(サジキ)席と楽屋(ガクヤ)に分けなければならない。見物席も綺麗に草むしりをして整えなければならないし、やる事は色々とあった。

 市太と勘治も八右衛門を手伝って花道作りをやっている。

「やっぱり、花道がねえと芝居(シベエ)の舞台(ブテエ)ってえ感じがしねえな」

「ここを通って、『暫(シバラク)』がやってみてえな」と勘治が言うと、

「おう、いいなア」と市太は『暫』の見得(ミエ)を切る。

「俺たちが中老(チュウロウ)になったら、やろうじゃねえか。あっ、そうか、おめえはいねえんだっけ」

「そうと決まったわけじゃねえ」

「一体(イッテエ)、どうするつもりなんでえ」

「わからねえよ」

「俺としちゃア、おめえに最初の掟破りをしてもらいてえがな、惨(ミジ)めな結果に終わるんじゃア逆効果だ。おめえとおろくが村八分(ムラハチブ)にされたんじゃ、見せしめになっちまって、誰も後には続かなくなっちまう」

「誰が村八分だと」と八右衛門が口を出す。

「何でもねえんだ」と勘治が首を振る。

 八右衛門は勘治と市太の顔を見比べてから声を出して笑う。「おめえたち、あまり悪さをするんじゃねえよ。惣八みてえに役を降ろされちまうぞ」

「わかってるよ」

Read more>>

22.六月二十九日
2007年11月27日(火) 12:25
22.六月二十九日




 市太が目を覚ましたのは昼四つ(午前十時)を過ぎていた。頭がガンガン痛かった。

 おろくの家から戻った市太は父親に詰め寄った。父親は絶対に許さないと言い切った。先祖代々続いた家柄に傷が付くという。

「おまえがそんな我がままを言い張るとおろくが悲しむ事になるんだ」

「そんな事はねえ」

「わしがおまえたちの事を許してもどうにもならんのだ。これは村の掟(オキテ)なんだ。古くからの掟を破るわけには行かん。破った者がどうなるかわかってるのか。村八分(ムラハチブ)にされるんだぞ。おまえを勘当しなければ、うちも村八分にされる。当然、おろくのうちも村八分だ。村八分にされたら、馬方の仕事はできないし、甚太夫だって義太夫を教えてはいられない。あの家は食って行けなくなる。村八分にされないためには、おろくを勘当しなければならない。おろくがいなくなったら、母親の看病は誰がするんだ。おろくの事は忘れるんだ」

 自分の部屋に戻ると、やけ酒を飲み始め、明け方近くに酔い潰れて眠ってしまったらしい。着ている着物は砂だらけだった。

 市太は着替えるとフラフラと外に出た。問屋はいつものように忙しそうだ。馬方に指図している兄や叔父を避けるようにして表通りへと出た。

 浅間山を見上げると黒い煙を吹き上げて、ゴーゴー唸っている。いつまた、大揺れが来てもおかしくない状況だった。

「若旦那、なにボケッとしてるの」と声を掛けられた。

 巴屋の暖簾から、おかよが覗いていた。

「おろくさんと何かあったのね」

「いや、そうじゃねえが」

「目が真っ赤じゃない」

「ああ、ろくに寝られなかったからな」

「みんな、そうよ。朝から田畑を見回ってたわ。また、全滅しちゃったのよ。もう、終わりだって、みんな、嘆(ナゲ)いてるわよ」

「そうか‥‥‥そうだんべなア。あんなに砂が降って来やがったからな」

 市太は用水の脇にしゃがむと水をすくって飲んだ。

「おろくさんちもそうなんでしょ」

「多分な‥‥‥ちょっと見て来るか」

 市太はおろくの家には寄らずに、直接、畑の方に行った。無残だった。やっと芽を出した作物が皆、砂に潰されていた。知らずに涙があふれ出て来た。

「畜生、畜生」と言いながら、市太は砂をつかんでは投げ捨てた。

Read more>>

21.六月二十八日
2007年11月25日(日) 12:51
21.六月二十八日




 しばらく、なりを静めていた浅間山がまた、活動し始めた。昨日、朝から日が暮れるまでゴロゴロ唸っていて、今日の昼は太い黒煙を吹き上げ、灰と砂を降らせた。観音堂では熊野の行者(ギョウジャ)、永泉坊(エイセンボウ)の祈祷(キトウ)が続き、市左衛門を初めとして信心深い村人たちが見守っていた。ところが、祈祷の甲斐もなく、夜の四つ(午後十時)より地鳴りが始まった。

 その時、市太は巴屋にいた。おろくと観音堂裏の若衆小屋で会って、送って行った後だった。巴屋には勘治と幸助がいて、昨日の続きを真剣に話し合っていた。

「おい、おろくと会ってたのか」とニヤニヤした顔付きの市太に勘治が声を掛けて来る。

「まあな」と市太はそっけなく答える。

「覚悟は決めたんだんべえな」

「何でえ、覚悟ってなア」

「決まってべえ。おろくと所帯(ショテエ)を持つ事さ」

「所帯を持つのはいいが、その後、どうすんでえ。俺がやる事はこの村にはねえ」

「今みてえに、おろくんちの畑仕事をしてりゃアいいだんべ」

「なに言ってやがる。そんなの毎日(メエンチ)できるわけがねえ」

「できるわけがねえって、できなけりゃア、おめえ、生きちゃア行けねえだんべ」

「ちょっと待てや。おめえ、何か勘違えしてねえか。俺がおろくんちに婿に入(ヘエ)るわけじゃねえ。俺がおろくを嫁に貰うんだ」

「なに寝ぼけた事言ってやんでえ、なあ」と勘治は幸助と顔を見合わせて笑う。「おめえの親がおろくを嫁に迎えると思ってんのか。おめえのおっ母は黒長(クロチョウ)の妹だぜ。兄貴の嫁さんだって、大笹の中屋(旅籠屋)の娘だんべ。ただの百姓の娘を嫁に迎えるわけがねえ。おめえがおろくと一緒になるには、おめえが親子の縁を切るしかねえんだよ」

「何だと、勘当(カンドウ)されるってえ事かい」

「そうさ。それだけの覚悟がいるってこった」

「まさか、そこまではするめえ」

Read more>>

20.六月二十七日
2007年11月23日(金) 12:09
20.六月二十七日




 朝から浅間山が唸り続けていた。

 二日前にひょっこり現れた紀州熊野の山伏(ヤマブシ)、永泉坊(エイセンボウ)が今朝から観音堂で祈祷(キトウ)を始めた。永泉坊は市太の祖父、市左衛門の古くからの知り合いで、厳しい修行を積んだ偉い行者(ギョウジャ)様だという。見るからに厳しい顔をしていて、浅間山の鬼退治には持って来いだった。

 市太はすっかり、おろくに夢中になっていた。自分ちの畑仕事などした事もないくせに、おろくんちの畑仕事に精出している。おろくの父親は、そんな事をしなくもいいと恐縮しているが、まだ、ろくに歩けないのだからしょうがない。松五郎は銭を稼ぐために馬方をしているし、甚太夫や三治では畑仕事はできない。おろく一人ではとても手に負えなかった。せっかく、小石をどけたのに、放ったらかしじゃア勿体ねえ、俺がやるしかねえじゃねえかと張り切っている。

 朝早くから夜遅くまで、おろくの所に入り浸りで、家に帰るのは寝る時だけ。まるで、おろくの婿(ムコ)になったようだ、と村ではもっぱらの評判になっていた。

 おろくの作った夕飯を当然のように囲炉裏端に座り込んで、おろくの家族と一緒に食べる。父親は仏頂面(ブッチョウヅラ)だが何も言わない。甚太夫も何も言わないが、こっちは仏面(ホトケヅラ)、松五郎と三治はすっかり身内のように接している。寝たきりの母親は時折、見舞うと両手を合わせて拝むばかりだった。

 夕飯が済むとおろくを誘って芝居の稽古。時には三治を連れて松五郎も付いて来る。甚太夫も義太夫の稽古のない日は顔を出す。芝居の稽古のない日は観音堂へ行ったり、市太の家の土蔵の中にしけこんだり、とにかく、二人だけの時を持つ。今日は芝居の稽古があり、仲よく寄り添って諏訪の森へと出掛けて行った。

 永泉坊の祈祷が効いたのか、日暮れと共に浅間山の唸りはなりをひそめた。灰や小石が振って来る事もなく、村人たちは一安心して諏訪の森へと集まって来た。

 舞台の前に仲間に囲まれて惣八がいた。少しやつれた顔をして、市太を見ると照れ臭そうに笑った。

「やっと、娑婆(シャバ)に出られたぜ」

「よかったなア。こっぴどく、やられたようだな」

「それ程でもねえが、まいったぜ」

「とにかく、よかった。だけどよお、芝居(シベエ)の役は降ろされちまったなア」

「しょうがねえや」

「まあ、俺の権太を見ててくれ。そして、今晩は飲もうぜ。大丈夫なんだんべ」

「ああ、平気さ。昼間、真面目に稼業に精出したからな」

「そうか。話す事が一杯(イッペエ)あるんだ。楽しみにしてるぜ」

 稽古が終わると市太たちはゾロゾロと巴屋へと向かった。途中、市太は惣八を誘って、みんなから離れて話を聞いた。

Read more>>

19.六月二十四日
2007年11月21日(水) 10:06
19.六月二十四日




 昨夜、おゆくに勧められて飲み過ぎた鉄蔵の具合が悪く、村を出たのは昼過ぎだった。

 狩宿まで送って行った市太と幸助が村に帰って来たのは、日もすっかり暮れて真っ暗になっていた。幸助と別れた市太は小宿(コヤド)村の知り合いから借りた提燈(チョウチン)をぶら下げて、真っすぐにおろくの家に向かった。おろくは首を長くして待っていた。市太が入り口で声を掛けるとすぐに出て来て、嬉しそうに笑った。

「大丈夫か」と聞くと、「大丈夫よ」と明るい声で言う。

 市太はおろくの手を取って、「お嬢様、今晩はどこに行きやしょう」

「市太郎様のお好きな所へなんなりと」

「今夜は星が降るようだ。観音堂へと参(メエ)りやしょう」

「あい」

 二人は寄り添いながら観音堂へと向かった。

「おかよさんはどうでした」

「もう見ちゃアいられねえや。強がっていながらも半分は泣きべそだ。たっぷり、別れを惜しめって置いて来た」

「やっぱりね。でも、一人で大丈夫かしら」

「なアに、村の者が年中、狩宿まで行ってる。誰かを捕めえて一緒に帰(ケエ)って来るだんべ」

「そうね。馬方してる人で、おかよさんを知らない人はいないもんね」

「そうさ。おかよに頼まれりゃア、鼻の下を伸ばして馬に乗せて帰って来らア」

「でも、鉄蔵さんもいなくなっちゃって、村も淋しくなるわね」

「そうだな。兄貴はいい奴だったよ」

「若旦那はまた会えるからいいじゃない」

「その若旦那ってえのはやめろって言ったろ」

「ごめんなさい、市太さん」

「江戸には行きてえが、おめえと別れがたくなって来たぜ。おめえと一緒に行けりゃア文句なしなんだがな」

「あたしはダメです。うちの者を放っては行けないもの」

「桔梗屋の姉さんじゃねえが、早いとこ、おめえの兄貴の嫁さんを捜さなくちゃアな」

「難しいわ。兄さん、目が見えないんだもの」

「目が見えなくたって、立派なお師匠じゃねえか。本も読めねえのに浄瑠璃をすっかり覚えちまうなんて、ほんとに大(テエ)したもんだぜ。すげえと思うよ」

「兄さんはいいけど、寝たきりの母ちゃんに、手に負えない叔父さんもいるもの。無理よ」

「そう簡単に無理なんて言うなよ。無理かどうかやってみなけりゃわからねえ。捜せばいるかもしれねえよ」

 二人は石段を昇って、観音堂に着くと空を見上げた。まさしく、降るような星空だった。

Read more>>



 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----