天明3年7月、浅間山が大噴火を起こし、鎌原村は火砕流にのまれて、500人近くの村人が亡くなりました
  • 2017/04
  • 2017-05 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/06
主要登場人物
2007年12月31日(月) 13:03
主要登場人物




市太 ‥‥‥問屋『橘屋』の次男。村芝居で『いがみの権太』を演じる。

勘治 ‥‥‥旅籠屋『鶴屋』の長男。村芝居で『渡海屋のおとく』を演じる。

惣八 ‥‥‥『炭屋』の次男。村芝居で駕籠かきを演じる。

安治 ‥‥‥馬方。戯作者志願。村芝居で渡海屋の船頭を演じる。

丑之助 ‥‥‥山守の次男。村芝居で駕籠かきを演じる。

幸助 ‥‥‥馬方。村芝居の背景画を担当。

半兵衛 ‥‥‥馬方のまとめ役。妻は茶屋『武蔵屋』をやっている。

杢兵衛 ‥‥‥若衆頭。村芝居で渡海屋銀平を演じる。

八兵衛 ‥‥‥馬医者。村芝居の小道具を担当。

市左衛門 ‥‥‥市太の祖父。

長兵衛 ‥‥‥山守の隠居。丑之助の祖父。

権右衛門 ‥‥‥馬方。鎌原路考と呼ばれる女形。

おなつ ‥‥‥古着屋『栄屋』の娘。市太といい仲。

おゆう ‥‥‥勘治といい仲。

おなべ ‥‥‥惣八といい仲。

おかよ ‥‥‥茶屋『巴屋』の娘。

おゆく ‥‥‥茶屋『桔梗屋』の女将。

おまん ‥‥‥八兵衛の妻。

おさよ ‥‥‥名主、儀右衛門の妻。父は干俣村の名主、干川小兵衛。

おろく ‥‥‥母親の看病をしていて家からめったに出ない娘。

甚左 ‥‥‥馬方。おろくの父。

甚太夫 ‥‥‥盲目の義太夫の師匠。おろくの兄。

三治 ‥‥‥知恵遅れ。おろくの叔父。

松五郎 ‥‥‥おろくの弟。

錦渓 ‥‥‥平賀源内の弟子。明礬を捜している。

雪之助 ‥‥‥江戸から流れて来た女義太夫。

鉄蔵 ‥‥‥江戸の絵師。

永泉坊 ‥‥‥熊野の山伏。

黒岩長左衛門 ‥‥‥大笹宿の問屋で名主も務める。市太の伯父。

おみの ‥‥‥黒岩長左衛門の娘。市太の従妹。

藤次 ‥‥‥大笹の暴れ者。市太たちの喧嘩相手。

干川小兵衛 ‥‥‥干俣村の名主。

加部安左衛門 ‥‥‥大戸の分限者。


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----