天明3年7月、浅間山が大噴火を起こし、鎌原村は火砕流にのまれて、500人近くの村人が亡くなりました
  • 2017/06
  • 2017-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/08
39.十月二十四日
2007年12月31日(月) 12:56
39.十月二十四日




 祭りから三ケ月が過ぎた。

 秋も過ぎて、厳しい冬が近づいている。村人たちは一致団結して新しい村作りに励んでいた。表通りもでき、大笹と鎌原を結ぶ道も、鎌原から狩宿を結ぶ道も普請(フシン)が始まっていた。

 表通りに面して、皆、平等に十間幅の屋敷割りもできていた。そして、今、十一軒の家を建てている。誰がそこに住むかは、まだ決まっていない。

 祭りの時、村人の心は一つにまとまって、そのまま、うまく行くかに見えたが、順調に行ったわけではなかった。残念な事に、村を去って行った者もいた。長い共同生活は初めの頃こそ、うまく行っていたが、やがて、皆に疲れが見えて来ると些細(ササイ)な事でも言い争いが始まった。

 用水の水を飲んで感動していた油屋の一家は、もう耐えられないと村を出て行った。長女が大笹の商家に嫁いでいるので、大笹で暮らすという。百姓代だった仲右衛門はおさよを口説いたが振られて出て行った。市太の家の分家である立花屋の親子も原町の妻の実家を頼って出て行った。その点、祭りの時、あれだけごねた扇屋の旦那はあれ以来、文句も言わずに一緒に働き、夜はみんなに義太夫を語って聞かせて満足していた。

 十月十八日には観音堂で百日忌(キ)が行なわれた。永泉坊に祈祷を頼みたかったが、怪我も治って旅立ってしまった。大笹の無量院(ムリョウイン)の和尚に頼んで法要をしてもらった。その日は仕事を休み、気分転換になるかと思ったが、逆効果だった。昔の事を思い出して、何でこんな苦労をしなけりゃならねえんだ。あれから百日も経ったのに、まともな家に住む事もできねえのかと、村人の心は一つになるどころかバラバラになってしまいそうだった。

 百日忌から四日後、市太はみんなの心を一つにまとめるために、ここらで一つ、祭りをやろうと半兵衛に提案した。

「何じゃ。今度は観音様の祭りでもやるのか」

「そうじゃねえ」と市太は首を振った。「今度は人間様の祭りをやるんだ」

「一体(イッテエ)、何をするつもりなんじゃ」

「祝言(シュウゲン)さ。三ケ月、一緒に暮らして来て、誰と誰がうまく行ってるか、わかるだんべ。そいつらをまとめて一緒にさせちまうんだ。伯父御たちが言ったように、家族を作らなきゃア、みんなバラバラになっちまう」

「早え話が、若旦那がおろくと一緒になりてえんだんべ」と半兵衛はニヤニヤする。

「若旦那って呼ぶなって言ったんべ」

「つい癖でな、どうも、市太郎とか市太とか、呼びづれえ」

「呼びづらくても頼むぜ。みんな、平等って言っときながら、若旦那もねえもんだ」

「ああ、わかった。で、市太とおろくはわかるが、あとは誰でえ」

「まずは、惣八とおまんだんべえ」

「うむ」と半兵衛も納得してうなづく。「あの二人は早くくっつけた方がいいな。最近は大っぴらにいちゃついていやがる」

「次に、丑之助とおしめ」

「うむ。あの二人もいいだんべ。おしめのような器量よしが、あんなウドの大木とくっつくたア一体(イッテエ)、どうなっちまったんでえ。わしには信じられねえ」

「丑が優しいからさ。おしめの言う事ア何でも、はいはいだ。おそめの面倒味もいいし、いい親子ができらア」

「そうだな。これで三組だ。他にもいるのか」

Read more>>

38.七月二十五日
2007年12月30日(日) 10:51
38.七月二十五日




 朝早くから観音堂は賑やかだった。女衆(オンナシ)は食事の支度を始め、男衆(オトコシ)は小屋の中を片付けたり、庭の掃除をしたり、大笹から借りた提燈(チョウチン)を飾り付けている。

 今日はお諏訪様の祭りだった。本来なら、諏訪明神の参道に露店がズラリと並んで、笛や太鼓が鳴り響き、境内にある舞台で芝居が上演されるはずだった。今はお諏訪様も舞台もない。それでも、ずっと働き詰めだった者たちの気分転換と、助けてくれた大笹の人々に感謝するため、観音堂において、ささやかな祭りをしようと皆で決めたのだった。

 芝居はもうできない。三幕目で生き残ったのは、知盛(トモモリ)役の杢兵衛と典侍(スケ)の局(ツボネ)役の権右衛門だけで、義経も弁慶もいなかった。四幕目で生き残ったのは、いがみの権太役の市太と若葉の内侍(ナイシ)役の権右衛門、駕籠(カゴ)かき役の丑之助と仙之助だけで、権太から金をだまし取られる小金吾(コキンゴ)も、権太の妻の小せんもいなかった。そこで、前座にやる予定だった娘義太夫をやる事に決まった。おなつも、おきよも、おなべもいなかった。でも、おゆうがいた。おかよもできるし、おさやとおみやもいた。皆、稽古をしていないので自信がないと辞退したが、舞台もないし、稽古のつもりでやってくれればいいと言われて引き受けた。

 やがて、大笹からゾロゾロと人々がやって来た。おみのが祝いの酒を持って来てくれた。藤次は香具師(ヤシ)を連れて来てくれた。露店も並んで、大分、祭りらしくなって来た。まだ足の火傷(ヤケド)が治らない永泉坊も来てくれ、観音堂で亡くなった者たちの冥福(メイフク)を祈る祈祷(キトウ)をしてくれた。大笹や干俣(ホシマタ)にいた村人も集まって来た。

 市太の家族たちも来た。祖父の市左衛門は馬の背に乗ってやって来た。もう七十を過ぎているのだから当然だが、急に老け込んでしまったようだった。

「わしもみんなと一緒に村作りをしたいんじゃが、体の方が言う事をきかん。すまんのう」

「いいんだよ、爺ちゃん。ちゃんとしたうちができるまで、大笹にいてくれよ」

「おまえと半兵衛が村作りを始めたと聞いた時は本当に嬉しかったぞ」

「爺ちゃんが言ってた、本当にやりてえ事ってえのが、やっと見つかったんだ」

「そうか、そうか」

 市左衛門は目を潤ませながら、何度もうなづき、孫の姿を見つめていた。

「爺ちゃん、村を見てくれ。まだほんの少しだけど、焼け石も掘り返して、今、新しい小屋も建ててるんだ。藤次のお陰で、大笹の若衆が毎日、手伝ってくれる。みんな、喜んで、ただ働きをしてくれるんだ」

「そうか。無駄に喧嘩ばかりしてたんじゃなかったな」

「うん、いい奴さ」

「市太郎、あたしはもう何も言いませんよ」と市左衛門の隣にいた母親が言った。

「おさよさんから、おまえがしている事をよく聞きました。もし、お父さんが生きていたとしても、おまえと同じ事をしたでしょう。村のために頑張って下さい。それと、おろくの事も反対はしません」

「母さん‥‥‥」市太は心の中でお礼を言った。

 母親は祖父を連れて、村の方に降りて行った。

「兄ちゃん、よかったね」と笑うと妹のおさやとおくらは女衆の所に行って、手伝い始めた。

「市太、わしも仲間にいれてくれ」と叔父の弥左衛門が言った。

「仲間だなんて、村の者はみんな一緒だ」

「子供たちを失って二人だけになり、馬方たちも死なせてしまった。思い出すのが辛くてなア。村を離れて、二人だけでどこかで暮らそうと思ってたんだが、どこに行ったって忘れる事などできやせん。もう、逃げるのはやめにしたよ。わしらも村に戻る事に決めた。亡くなった者たちのためにも、新しい鎌原を作らなけりゃならんと気づいたんだ。わしも一緒に働くよ」

「叔父さん‥‥‥」

 弥左衛門は市太にうなづくとやつれた妻を連れ、祖父たちを追って村に降りて行った。

Read more>>

37.七月二十三日
2007年12月28日(金) 12:38
37.七月二十三日




 昼近く、おさよとおろくが戻って来た。一緒に来た藤次に率いられて、大笹の若い衆が角材や板を運んで来る。

 昼飯の支度をしていた女衆が驚いて、おさよとおろくの回りに集まって来た。

「うまく行ったわ」とおろくは笑った。

「干小(ホシコ)の旦那さん?」とおかよが聞く。

 おろくはうなづいて、「黒長の旦那さんも協力してくれたの」と言った。

「さすが、おかみさんね」とおかよたちは感心して、おさよを見る。

「わたしはただお手伝いしただけよ。みんなの気持ちが通じたのよ」

 そう言っている間にも、小屋作りの資材が次々に運び込まれた。

「あの人たちにもお昼、お願いね」とおろくはおかよに言うと、藤次を連れて市太の所に向かった。

 用水を掘り起こす仕事は順調に進んでいた。藤次は小屋の事を市太たちに説明した。小屋の大きさは間口三間(マグチサンケン)、奥行十間で、冬に備えて囲炉裏を四ケ所つけるという。

「ほう、そいつア助かる」と市太たちは喜ぶ。

「それだけの大きさがありゃア、当分は間に合うだんべ」とうなづきあった。

「明日から建て始めようと大工(デエク)たちも集めてあるんだ」と藤次は気の早い事を言う。

「明日からか」と市太は驚く。

「早え方がいいだんべ」

「そりゃアそうだが」

「そこでだ、どこに建てる」

 市太は半兵衛を見た。

「観音堂よりはこっちの方がいいだんべな」と半兵衛は言った。

「そうだな」と市太もうなづいた。

 市太は昼飯にしようと仕事をやめさせ、皆を観音堂に返した後、半兵衛と藤次と一緒に、小屋を建てる場所を捜した。今後、皆の家を建てる予定もあるので、邪魔にならない場所を選ばなければならない。村の中央に当たる諏訪明神の境内にしようかとも思ったが、やはり古井戸に近い方がいいだろうと村の南の端、おろくの家のあった辺りに決定した。

 昼飯を食べながら、市太はおろくから、昨日、ここを出てからの事を聞いた。

「昨夜はおみのさんのお部屋に泊めてもらったのよ」とおろくは楽しそうに言った。

「へえ、一晩中、話し込んでたんだんべえ」

「ええ。市太さんと藤次さんの喧嘩の事とか色々話してくれたわ」

「あいつ、余計な事は言わなかったんべえな」

「余計な事も教えてくれたみたい」とおろくは笑った。「兄貴は女好きだから気をつけなさいって」

Read more>>

36.七月二十二日
2007年12月26日(水) 09:40
36.七月二十二日




 鎌原では新しい村作りのための共同生活が始まっていた。市太とおろく、半兵衛父娘、安治、仙之助の六人で始まった村作りは、次の日には惣八とおまん、丑之助とおしめ、おかよとおそめ、伊八と新五郎とおいちの兄弟、路考こと権右衛門も加わり、噂を聞いて干俣村からも杢兵衛、清之丞の兄の吉右衛門、孫八と富松の兄弟がやって来た。今では二十人の大所帯になっていた。市太が最初に決めたように皆、平等という事を守り、うるさい事を言う者もなく、和気あいあいと朝から晩まで仕事に励んでいた。

 その頃、干俣村の名主、干川小兵衛の屋敷で、鎌原村の名主、儀右衛門の妻だったおさよは縁側に座って、ぼうっと庭の池を眺めていた。

「おさよ」と呼ばれて振り返ると父親の小兵衛が後ろに立っていた。

「いい天気じゃな」

「はい」

「鎌原では大変な事をやってるらしいのう」

「大変な事?」

 おさよが不思議そうに、父親を見ると父親はうなづいて、おさよの隣に座り込んだ。

「さっき聞いて驚いたんじゃが、問屋の伜が中心になって、身分差のない、みんな平等な村を作ると張り切ってるそうじゃ」

「身分差のない平等な村‥‥‥」

「ああ。もっとも村人のほとんどが亡くなってしまったんじゃから、身分だの家柄だのと言ってはおられまいがのう。今朝もここから何人かが鎌原に行ったそうじゃ。おまえはここにいていいのか」

「あたしが行ったって、何もできない」おさよは力なく俯いた。

「亭主が亡くなり、子供も亡くなったので、もう村の事はどうでもいいのか。一人だけ残されたのは、おまえだけではあるまい。おまえにもやるべき事はあるはずじゃ」

「あたしに何をやれって言うの」

「それはおまえが自分で考える事じゃ。ここにいたければいてもいい。だがな、おまえは鎌原村の名主の妻だったんじゃ。村の者たちは皆、その事を知っている。おまえがいつまでも悲しんでいたら、村の者たちも立ち直る事はできんのじゃぞ。よく考えろ」

 父親が去った後もおさよは呆然としていた。家族を失った悲しみから立ち直れないのに、村のために何かをやるなんて不可能だった。これ以上、苦しみたくはなかった。早く、何もかも忘れてしまいたかった。それでも、父親が言った皆が平等な村というのが気になっていた。名主の娘に生まれて、名主のもとに嫁いだおさよに取って、身分差のない村など想像すらできなかった。

 おさよは重い腰を上げると村の者たちが避難している小屋に向かった。何も考える事もなく、ただの気分転換のつもりだった。父親が鎌原村の避難民のために建てた小屋なのに訪れるのは初めてだった。

 避難小屋には四十人近くの村人たちが不自由な生活をしていた。おさよを見ると皆、丁寧にお礼を言って来た。自分は何もしていないのに、お礼を言われるなんて後ろめたかった。具合の悪そうな者も何人かいたが、思っていたほど多くはなく、大部分の者たちは元気になっていた。ゲッソリしていた扇屋の旦那、清之丞もすっかり血色がよくなって、のんきに三味線を弾いていた。

「やあ、名主のおかみさん、大分まいってたようじゃが、元の別嬪(ベッピン)に戻って何よりじゃ。わしもようやく元気になったわい」

「それはよかったですね。旦那さんは村の方には戻らないのですか」

「あんなとこに戻れるか。ワルガキの市太が半兵衛の奴と一緒になって、身分差のねえ村を作るとほざいておる。みんな平等で、土地持ちや山持ちは認めんとほざいておるんじゃ。先祖代々伝わって来た、わしの土地はどうなる。ふざけやがって。おかみさんもそう思うじゃろう。名主さんちも土地持ちじゃった。今更、それを取り上げられてたまるもんか。なア、そうじゃろうが。まったく、ふざけやがって。今、あの村に集まってる奴らは土地なんか持ってねえ奴らばかりさ。市太と半兵衛に躍らされて、村作りなんかやってるが、そのうちに、お上(オカミ)のお役人様がやって来りゃア、そんな事通用せんわ。以前のごとく、わしの土地はわしの物になるじゃろう、ハハハ」

 おさよは清之丞と別れるとそのまま、大笹に向かった。どうして、大笹に向かったのか、自分でもわからなかった。名主の妻としての自覚がそうさせたのかもしれなかった。

Read more>>

35.七月十九日
2007年12月24日(月) 11:29
35.七月十九日




 半兵衛は毎日、鎌原村に通っていた。山守の八蔵を連れて来た次の日も、一日中、雨が降っていた昨日も、半兵衛は一人で出掛けて、村の再建の事を考えていた。夕方、大笹に戻って来ると、あそこに新しい村を作ろうと毎晩、市太を説得した。

 土砂の上を覆(オオ)っている焼け石の厚さは一尺(約30センチ)程度だから、掘り返せば畑もできるだろう。古井戸も掘り返してみたら、あふれる程の水が出て来た。以前のように表通りの中央に用水を引けば村は復活する。半兵衛は強い口調で言うが、市太は乗り気ではなかった。村一面を覆っている焼け石をどけるだけでも容易な事ではない。村の者が総出でやっても、いつまで掛かるか見当もつかない。用水だの表通りだのというのは、その後の話だった。

 市太だけでなく、村の者たち、みんなに説得して回ったが、半兵衛の言う事にうなづく者はいなかった。それでもくじけず、半兵衛は今日も一人で出掛けて行った。

 雨もやんで、いい天気だった。長左衛門の炊き出しはまだ続いている。大前村や西窪村の被災者たちのほとんどは自分の村に帰って、それぞれ小屋掛けして新しい生活を始めていた。大前村も西窪村も家屋はすべて、土砂に埋まるか流されていた。それでも、生存者が多く、田畑もいくらか残っていたので、皆、自分の村に帰っている。今、炊き出しの世話になっているのは鎌原の被災者と怪我をして動けない者たちだった。

「おはよう。今日はいいお天気よ」とおろくが市太の側にやって来た。おろくは毎日、炊き出しを手伝っていた。

「半兵衛さん、今日も一人で出掛けたわ」

「そうか」と市太は気のない返事をする。

「たった一人だけでも、焼け石をどけるんですって」

「そんなの無理だよ。できっこねえさ」

「ねえ。あなたは前にあたしに言ったわ。無理だって最初から諦めるなって。無理かどうかやってみなけりゃわからないって」

 市太はおろくの顔を見つめた。おろくは何かを訴えるように市太をじっと見つめている。

「おめえ、俺に行けって言いてえのか」

「あの村は馬方で持ってた村でしょ。問屋がなければ、村の人たちも安心して戻れないわ」

「俺に問屋をやれってえのか」

「あなたしかいないじゃない。あなたがやればみんなついて来るわ」

 市太はおろくから目をそらして、煙を上げている浅間山を見た。

 おろくの言う通り、問屋をやるのは市太しかいなかった。叔父の弥左衛門も生き残ったが、多くの馬方たちを死なせたのは自分のせいだと落ち込んでいる。三人の子供も失って、立ち直るのは難しい。

 市太はおろくに視線を戻すと、「おめえの気持ちはどうなんでえ」と聞いた。「おめえも村に戻りてえのか」

 おろくは力強くうなづいた。

「半兵衛さんと同じように、あたしにもあの村しかないもん。家族が埋まってるあの土地を放っておいて、他所の土地で暮らすなんて考えられない。他所の土地で幸せに暮らしたとしても、きっと、後悔すると思う」

「畜生め!」と市太は大声で怒鳴った。「結局はあそこに戻るしかねえのかよお」

「行くの」とおろくは期待を込めて聞く。

 市太は仕方ねえという顔付きでうなづいた。「まずは腹拵(ハラゴシレ)えだ」

 雑炊(オジヤ)を食べると市太とおろくは半兵衛の後を追って鎌原村に向かった。

Read more>>



 | HOME |   NEXT>>




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----